夢診断のメニュー一覧

夢判断用語など

夢占いお役立ちメニュー

Profile(プロフィール)

name

経歴

関西の某四年制大学 理工学部卒(どこかはヒミツ・・・)
応用物理学・橋梁工学・環境工学などを専攻していました。

本来は文系が好き。苦手科目の数学・物理を克服していたら、いつの間にか理系になっていたという感じ。

夢占い歴

14年(もう少しで15年)。
遊びでやっていたときも含めると、プラス4~5年くらい。

資格

普通免許
原付免許
測量士
修習技術者 技術士補資格
その他パソコン関連など、いくつか

年齢

???

性別

血液型

AB

住んでいる場所

大阪AND京都

趣味

読書(ジャンルはあまり問わず。何もない日は一日中)
映画鑑賞
音楽鑑賞
ジャグリングを見ること(自分ではできません)
眼鏡屋で品定めすること(眼鏡派)
トレッキング
陸上競技全般(元陸上部)
モータースポーツ(特にGT)
パソコンを触ること
橋を見ること(あの建築美がいい!)

特技

速読(本にもよりますが、1時間で3~4冊くらい読めます)
手品・テーブルマジック(ちょっとだけできます)
タッチタイピング(TOD全力疾走で30秒台が出せる!)

自慢なこと

無事故無違反
I.Q160!(以前は。今は?)
早食い

欲しいもの

自分で完璧にインテリアをほどこした仕事場・オフィス
i-phone(発売されるのか?)
マニュアルの車

やりたいこと

鈴鹿サーキットでF-1に乗って好きなだけ走る
エベレスト登頂

夢占いをするにあたり、心がけていること

できるだけ正しい・分かりやすい言葉を使う。
(でも、分かりやすく・親しみやすくするために、くだけた表現をつかうことも多くしています)

占い師らしからぬ占い師を心がける
(夢占いはカウンセリングの側面が強いもの。私には、夢の内容を聞き、それを判断する以上のことはできません。
夢占いを味方にできるかどうかは、夢主がどのように受け止め、どう行動するかにかかっています。

占いをする者は、時には気軽に話せる友人のように、時には頑固オヤジのように・・・と、相談の内容・性質・依頼者の特徴を見極め、柔軟な対応をすることが求められます。
私本来の姿を押し込め、無理に占い師っぽく振舞うことをせず、ありのままを診断するよう心がけています)